留学生採用の注意点

アーキ・ヴォイスのコーディネーターです。
今週は再び寒くなりましたが、
今日の東京は暖かいです。
気温の変化が激しいため、
お身体ご自愛ください。

さて、
今週は串カツで
有名な「だるま」が
留学生を不法就労させたとして
書類送検されました。

「 老舗串カツ「だるま」を書類送検
  不法就労助長の疑い 」
 http://www.asahi.com/articles/ASK3G4GB4K3GPTIL011.html
(朝日新聞の記事にジャンプします)

「だるま」は大阪・新世界発祥で
昭和4年創業の串カツの老舗。

長い歴史のある「だるま」ですが、
もともとは新世界の総本店しか
なかったそうです。

15年ほど前、当時3代目の大将が
病に倒れ、廃業に危機に陥った時、
ピンチを知った常連のタレント、
赤井英和氏が奔走し、高校時代の
ボクシング部の後輩を
現4代目社長として引き抜き、
存続するようになったそうです。
現在は大阪では13店舗まで拡大し、
観光スポットとしても有名になりました。
バンコクや台北にも店舗があるそうです。

(上記はサントリーのサイトに
 詳しく書いてありました。
 http://gourmet.suntory.co.jp/zenkoku/koretabe/0811/west_02.html

今回、「だるま」は
法定時間を超えて
留学生を働かせたとして
出入国管理法違反
(不法就労助長)の疑いで
大阪府警に書類送検されました。

大阪市内の5店舗で
2015年9月~16年11月、
ベトナムやミャンマー国籍の
留学生ら男女17人を
アルバイト従業員に雇い、
週28時間の法定時間を超えて
働かせるなどした疑いがあるとのこと。
中には、週72時間働いていた
留学生もいたそうです。

以前もお話しましたが、
留学生採用をする際に知っておくべきこと(当ブログ2016年1月の記事)

留学生を採用する際は、資格外活動のことを
知っておく必要があります。

◇ 原則:外国人留学生はアルバイトをする場合、
  週28時間までしか働くことができません。

外国人留学生は
アルバイトをする際、
「資格外活動の許可」と呼ばれる
アルバイト許可を事前に
取得している必要があります。

最近の人不足は本当に大変ですが、
アルバイトやインターンなどで
留学生を採用する際は、
「資格外活動の許可」について
ご注意ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です