6月からの弊社の体制に関して

アーキ・ヴォイスの
コーディネーターです。
早いもので今日は
5月の最終営業日です。
例年とは違い、気が付いたら
春が過ぎ去ってしまいました。
今日の東京は初夏のような
暑さで、人通りもとても多く
にぎやかです。

今週月曜日、東京を含めた
1都4県と北海道の緊急事態
宣言が解除されることにより、
日本の自粛状態が(いったんは)
終わりました。

事務所周辺に関して言えば
まるでコロナ以前に戻ったかの
ようです。自粛状態がまるで
過去のことのよう・・・

といっても、
北九州や各地で早くも
クラスターが発生したり
しているようで、引き続き、
ご注意ください。

現状の人出が感染者数に
結びつくのは再来週だと
思っているので、
6月2週には再度、自粛に
なるのか、このまま
秋口くらいまでいけるのか
わかるのでは思っています。

こうした状況の中、
弊社としては、
来週からの6月は
下記のような体制で
運営を行います。

・東京事務所に関しては
 リモートワーク中心の
 勤務状態を継続。
 (翻訳通訳手配、人材派遣紹介など)

・関西のスクールに関しては
 十分な対策を講じた上で再開。
 (語学スクール、企業研修)

特に運営を再開する関西では、
非接触型体温計や
フェイスシールドの常備、
感染予防のパーティションの設置など、
考えられる限りの対策を行っています。

今回、個人的にも
フェイスシールドを
買いました。
ウィズコロナと言われる
現在の状況では、今後、
フェイスシールドが普及し、
おしゃれにカスタマイズしたり
ストラップをつけたりする学生が
出てくるのはと予想しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です