本日発売、アーキ・ヴォイスが翻訳した書籍

アーキ・ヴォイスのコーディネーターです。

本日、弊社が全面的に翻訳した、
英The Economistの年間予測、

『 2017 世界はこうなる
  The World In 2017 』

が書店で発売されます。

今回で翻訳を担当するのは
3年目(=3冊目)となります。

昨年版はAmazonの経済学・
経済事情カテゴリーで
売れ筋3位になりました。

今回の2017年予測には
このようなことが書かれています。

 ・トランプ大統領誕生の衝撃。
  米国経済の行方は?

 ・人口知能(AI)の普及によって
  なくなっていく仕事、人気の出る仕事

 ・失速する中国経済の行方。
  中国よりも繁栄するのは実はこんな国

 ・まだ日本に来ていない、
  バーチャルリアリティーの新サービス

 ・EUを離脱した英国はどうなる?
  次々と流入する移民は欧州をどう変えていくか

 ・遺伝子検査や遺伝子治療による
  がん治療の最先端。

 ・総人口がEUを上回る連合体(6億2500万人)、
  東南アジア諸国連合それぞれの事情

 ・2017年の景気は?
  世界経済は低成長が
  ニューノーマル?

ちなみに、アマゾンの解説には
次のようにあります。

> 世界40カ国のビジネスリーダーが
> 翌年の舵取りに役立てている
> 英The Economist「The World in 2017」の
> 日本語版発行
>
> 英Economistの別冊「The World in 2017」日本版の
> 独占翻訳権を日経BP社が昨年に引き続き獲得。
> 邦題「2017世界はこうなる」として発行。
> 40カ国で毎年発行されている「The World in」は、
> 高いクオリティと信頼性に富んだ世界予測として
> 高い評価を得ており、今回も注目のトレンドや
> 著名な寄稿者を取り揃え良質な記事を日本語で提供する。
> 日本版「2017世界はこうなる」では、英語版からの
> 翻訳記事に加え、世界の中で日本がどう進むべきか
> という日本視点からのオリジナル記事を掲載することで
> 世界を俯瞰した分析を可能とし、ビジネスや事業展開の
> 貴重な情報源にする。

『2017 世界はこうなる』、ぜひ書店でチェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です