7年前と似ている

アーキ・ヴォイスの
コーディネーターです。

先日、日経のWEBサイトを見ていて、
観光地の案内板で誤訳が多発している、
という記事を目にしました。

誤訳の案内板、訪日客が困惑
  退出口に『出て行け』

(日経の記事にジャンプします)

例えば、大阪の地下鉄
「堺筋線(さかいすじ・せん)」が
「Sakai muscle line」と
訳されているようです。
堺筋は通りの名前で固有名詞。

記事によると、現場が無料の
翻訳サービスや翻訳ソフトに頼り、
専門家のチェックを怠ったため
間違いが起こったとされています。

7年前を思い出しました。
実はこの話、2012年にもありました。
当時、話題になったのは
東北観光のWEBサイト。

当時、東日本大震災で
被災した観光業を支援する
「東北観光博」の公式サイトの
外国語版に、多数の誤訳が見つかり、
一時閉鎖にまで追い込まれました。

このときも機械翻訳を使ったため、
秋田県が「tired(飽きた)」、
石川啄木の法要「啄木忌」が
「woodpecker mourning(キツツキの哀悼)」
となったりしていると問題になりました。

『秋田』は『飽きた』?
 観光庁東北キャンペーンサイトは誤訳だらけ

(J-CASTニュースにジャンプします)

当時も機械翻訳を使用して、
専門家のチェックを受けていなかったと
指摘されていました。

今回の話、機械翻訳がダメとか
無料翻訳がダメとか言いたいのではなく、
弊社としても、翻訳を行う際には
十分注意すべきだと思い、
ここに記載した次第です。

なお、今回の堺筋線の誤訳は、
ギャグTシャツまで制作されているようです。

爆笑誤訳『サカイマッスル』、
  まさかのグッズ化 販売元も『売れてます』

(livedoorニュースにジャンプします)

さすが、おおさか。

今日はリンクばかりで
申し訳ありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です