2枚のマスク

アーキ・ヴォイスの
コーディネーターです。
今週から4月になり
新年度が始まりました。
例年、この時期はフレッシュな
気持ちになるのですが、今年は
新型コロナウイルスのため、
暗い気持ちのままスタートしました。

今日で感染者は100万人を突破、
死者も5万人を越えてしまいました。
先週は感染者が50万人突破したことに
触れましたが、感染者増加のスピードが
早まっています。3週間前の3月13日には
13万人だったので、3週間で約7.6倍・・・

(ただ一説には、中国は無症状者を
 カウントしておらず、感染者の推計が
 120万人以上ともいわれ、相変わらず
 実態がわかりません)

先週、ロックダウン(都市封鎖)が
宣言されると考えていました。
これに関しては、今週月曜日、
菅官房長官が明確に否定しています。
ただ個人的には、都市封鎖をしないと
感染拡大が止められないのではと
危惧しています。

そんな緊迫した状況の中、
水曜日、200億円以上を投じて、
国民にマスクが2枚配られると
発表されました。??

なぜか1枚200円もするという
高価な布マスクを1億人以上の
国民に配るとのこと。

200円 × 2枚 × 5000万世帯 + 送料 = 200億円以上??

たとえWHOで効果が否定される
布マスクであったとしても、
咳やくしゃみの飛散防止や
顔を触らないための抑止効果は
見込めるかもしれません。
また医療関係者に不織布マスクを
流通させるための施策かもしれません。

余談ですが、自分自身、
今週Amazonでマスクを注文して
騙されたばかりなので、
マスク不足は本当に深刻なのも
理解できます。

(中国からボロボロのものが送られて
 きたので、返金してもらいました)

ただ・・・

おそらく国民の期待の優先度は
そこではないでしょう。

米ロイターでも
「 Two masks, no lockdown 」
と報じられました。

お肉券・お魚券のときも思いましたが、
政権中枢に必要な情報が届いていないか、
政権がメッセージを発する相手を間違っているか、
利権のためにそうせざるを得ないのか、
何か大きなズレを感じています。

いっぽう、専門家会議の提言などは
なるほどと思うことも多いのですが・・・
ちなみに今週見た下記の資料は
現在の状況がわかり勉強になりました。

クラスター対策班、東北大学の
押谷仁先生のスライド

COVID-19への対策の概念
  (PDFファイルが開きます)

現在、業界によっては本当に
困っている人々がいるかと思います。

首相や都知事の連発する
自粛要請というお願いのもと、
飲食業や外食産業、イベント関連業者は、
運営ができず、売上がたたないのではと
推測しています。このセクターで
働く人たちは本当に大変なのでは・・・
実際に知人からも苦境を聞きますし。

お願いはするけども補償しない、
という方針だと、特定の業界は
事業が破綻するか、コロナを
覚悟するかの二択を迫られる
のではないでしょうか。

また緊急事態宣言や都市封鎖などを
しないと、感染リスクを恐れたまま、
働き続けなければならない業界も
多くありそうです。

今週末にはさらに感染者数が
激増すると思っていますので、
的を得た対策がなされることを
心の底から期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です