韓国のGSOMIA破棄

アーキ・ヴォイスの
コーディネーターです。
先週でお盆休みも終わり、
すでに通常の仕事モードに
切り替わっています。
休み明けのこの時期、
とにかくお問い合わせが
増加します。
8月末までの2週間、
頑張りたいと思います。

さて昨夜、韓国政府は
GSOMIAの破棄を決めました。
GSOMIAとは、日本と韓国の間で
防衛秘密を共有する日韓軍事
情報包括保護協定のこと。

今回の結果は日本や米国にとって
予想外だったようで、昨日から
大きく報道されています。

韓国という国がどこに向かおうと
しているのか、とても気になります。

韓国の文政権は現在、
孤立しているかに見えます。

米韓合同軍事演習を行うと、
北朝鮮から罵倒され、
THAAD配備に関しては、
中国から非難されます。
今回、GSOMIAを破棄することで、
米国や日本から失望したと言われます。
竹島周辺にロシア機が飛来し、
状況としては四面楚歌。

個人的に、GSOMIA破棄をきっかけに、
米国が在韓米軍の撤退を決断したり、
韓国発の通貨危機などに発展するのでは
と危惧しています。

今回の騒動を聞きながら
地図をぼんやり眺めていると・・・

世界地図で中国を中心に考えると、
中国の東側に隣接しているエリアに
もめごとが集中しているようです。
中国の北で隣接しているのは
韓国・北朝鮮。南で隣接しているのは
香港と台湾です。
(もっと南には南沙諸島がありますが・・・)

どちらのエリアも
米国の動向がカギになるかと
思いますが、万が一、米国が
韓国から撤退するとなると、
米国と中国との境界は
日本の領土にまで
後退していくはずです。

今回の韓国の決断が
どのように収斂するのか、
注目したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です