気温と感染の拡大

アーキ・ヴォイスの
コーディネーターです。
先週は暖かく11月とは
思えない気温でしたが、
今週は例年通り、
寒くなってきました。

さきほどの話ですが、
今日のお昼、郵便物を
出すため、最寄の渋谷
郵便局に立ち寄りました。

なぜか入り口が閉鎖されていて
職員が人だかりの前で懸命に
説明をされています。

なんでも職員に感染者が
でたようで、現場職員全てが
濃厚接触者となり、お休み。
館内も消毒中のため、
業務ができない状態に
なっているとのこと。

普段は現場から
離れているであろう
高齢の職員の方が

「申し訳ありません、現在、
 仕事が受けられないんです」

と頭を下げながら
周囲の郵便局の地図を
配っていました。

医療崩壊といったことも
言われていますが、
今日気が付いたのは、
医療以外の社会インフラ、
例えば、郵便、配送、消防、
警察といったものも
感染が拡大すると、
機能を停止していく、
という状況です。

これから3週間が正念場、
と政府は言っていますが、
周囲の状況を見ると、
来週いっぱいもつのかな、
と疑問に思っています。

というのも、
現在猛威を振るっている
新型コロナウイルスは
乾燥した状態で、
気温5℃~11℃のとき、
感染が一番広がるからです。

新型コロナ 冬場に流行広がるか
  気温や湿度が下がるとどうなる

 (NHKのHPにジャンプします)

上記では米メリーランド大学の
研究が取り上げられています。

世界の50都市における
気温・湿度と感染流行を
分析したそうで、それによると、

「感染者が多いのは
 平均気温が5℃から11℃で
 比較的、湿度が低い
 地域に集中していた」

ということだそうです。

4週間前も、
ロックダウン直前の
ヨーロッパ各都市の
気温を調べましたが、
改めて今後の日本の
平均気温を確認します。

気象庁のWEBで昨年同時期の
月毎の平均気温を確認してみると、
東京の場合、下記のようになります。

 ・2019年11月 : 13.1℃

 ・2019年12月 : 8.5℃

 ・2020年 1月 : 7.1℃

 ・2020年 2月 : 8.3℃

 ・2020年 3月 : 10.7℃

このように、
来月12月から2月までの
3カ月間が感染拡大のピークと
予想することができます。

これからが本番ということで
手洗い・うがいなど、
自衛に努めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です