新型ウイルスの現状

アーキ・ヴォイスの
コーディネーターです。
早くも今日は1月の最終日。
2020年の最初の1ヵ月が
今日で終わってしまうのが
信じられません。

さて先週、新型コロナウイルスを
取り上げましたが、この1週間、
予想を超えて被害が拡大しています。
当初SARSを思い出していたのですが、
SARSの感染者数をわずか1週間で
追い越してしまいました。

今日13時現在で、

「感染者数9776人・死者213人」

になりました。
ちょうど1週間前に、

「感染者が830人・死者25人」

と書いていたので、この1週間で
被害が約10倍になったことになります。

※なお上記の数字ですが、
 ジョンズ・ホプキンス大学が
 感染状況を視覚化した感染マップを
 作成しているので、そこでの数字を
 参考にしています。

 「ジョンズ・ホプキンス大学『感染マップ』
 (上記を見ると、感染者の位置、被害状況が
  地図上で一目でわかるようになっています)

さて、中国から緊急事態宣言を
出さないよう圧力をかけられていたと
いわれるWHOですが(仏ルモンド紙報道)、
現地時間の昨日、ようやく今回の
ウイルスに関して緊急事態を宣言。

今回のWHOの宣言を受けて、
日本でも「指定感染症」の施行を
明日に前倒しするそうです。

連日、倍々ゲームのように
感染者数が増えていて、
日本でも感染者が増加しているため、
実態経済への波及も心配されます。

日経平均株価は連日下落、
すでに今回の影響で、世界の
株式時価総額は約261兆円も
減少したとのこと。
(1月27日までの段階)

今後、さらなる悪化が懸念されます。

イギリスの研究チームは
2月4日までに感染者が25万人を超える、
と予想しています。

(Jonathan M. Readの予測で、
 最小値16万4602人、最大値35万1396人)

感染の拡大がしばらく続くことを
想定する必要がありそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です