新たな感染者

アーキ・ヴォイスの
コーディネーターです。
2月に入りましたが、昨日から
東京はとても寒いです。
週末も寒くなるようなので、
くれぐれもお体ご自愛ください。

さて、先週・先々週と
新型コロナウイルスを
取り上げていましたが、
いまだ事態は収束せず、
被害は拡大の一途を
だとっています。

今朝は大型クルーズ船
「ダイヤモンド・プリンセス」で
感染者が新たに41人確認されました。
これで船内感染者は計61人。

日本での感染者合計は現在、
86名で、中国本土をのぞけば
感染者数が1番になっています。

*先週も取り上げた、
 ジョンズ・ホプキンス大学の
「感染マップ」。今回のクルーズ船は
 外国籍の方もいますが、下記では
 日本の感染者としてカウントされています

 「ジョンズ・ホプキンス大学『感染マップ』
 (上記を見ると、感染者の位置等が
  地図上でわかるようになっています)

日本は今月から、
湖北省にいた履歴のある
外国人の入国を拒否していますが、
そろそろ私たちが締め出される側に
回るような状況です。

一昨日、ミクロネシアでは
日本は感染国と認定され、
日本から直接入国をすることが
禁じられました。

このままでは
オリンピックにも支障を
きたしてくると思いますし、
実態経済への影響も心配です・・・

ところで、今回の新型ウイルス、
報道を見るにつけこわいなと
思っています。

先ほど感染マップを
取り上げていますが、
そもそも論として、
どれだけ実態が公表数字に
反映されているのか、
疑問に思っています。

先週、イギリスの研究チームの
感染者数の予測を取り上げましたが、
Jonathan M. Readらによると、
2月4日までに感染者が25万人を
超える、といっていました。

先々週では

 「感染者が830人・死者25人」

先週は

 「感染者数9776人・死者213人」

本日正午時点では

 「感染者数31,472人・死者638人」

こうした推移をみると、
感染者は先々週に比べると37.9倍、
死者数は127.6倍になっているものの、
倍率は落ち着いてきています。
結果、イギリスの予測が
外れているといえます。

とはいえ・・・

これらの公表数字は
実態を反映しているのでしょうか?

今月1日、中国のテンセント(騰訊)が
ほんの1秒アップした最新情報では、

 「感染者154,023人、死亡24,589人」

となっていたようです。
真偽のほどはわかりませんが、
SNS上での武漢の映像などを
あわせて考えると、公表数字に
関しては疑問が残ります。

個人的に思っているのは・・・

 1.潜伏期間の感染者や無症状状感染者は
   数としては正確には把握できていないはず

 2.発症している感染者であっても、
   適切な医療機関で診断されないと
   新型としてカウントされないはず

 3.武漢のように、実態の感染者が多すぎる場合、
   公表数字に反映されていない可能性も

 4.そもそも公表数字に虚偽がある可能性も

上記の4点を考えると、
公表数字と実態との開きが
どの程度なのか、読みがたちません。

新型ウイルスをこわいと
思わせる原因に正確な情報の不足、
といったことがありそうです。

明日で旧正月の1月25日から
ちょうど2週間にあたるため、
来週にはもっと実際のところが
わかってくるのではと期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です