ビジネス出張の出入国の緩和

アーキ・ヴォイスの
コーディネーターです。
昨夜からとても寒いですね。
今日の東京は15~17℃の気温で、
これは11月中旬並みとのこと。
今朝は慌てて薄手のダウンを
着て会社に来ました。

こうした気温の低下は、
現在接近中の台風14号の
影響だそうです。この台風、
本日正午時点ではふらついた
動きをしているようですが、
予報では本日午後には関西、
明日には東日本に最接近するとのこと。
(本州の上陸は可能性が低いそう)

雨風が強くなりますので
週末はくれぐれもご注意ください。
なお、日曜には気温が27℃程度に
上昇するそうで、気温差による
体調不良にも注意する必要が
ありそうです。。

さて、昨日から日本と韓国の間は
短期ビジネス出張が解禁されました。
先月18日にシンガポールが
解禁されてから今回の韓国が
2カ国目になります。

日韓の間の短期ビジネス出張の
場合(原則90日以内)、
これまで義務付けられていた
入国後2週間の待機、
というものが緩和されます。

外務省のサイトをみると、
渡航に必要な書類は下記が
あげられています。

 ・誓約書

 ・活動計画書

 ・検査証明

また、渡航にあたって
要求される行動としては
下記のようなものが
挙げられています。

 ・誓約書、活動計画書の作成、提出

 ・出国前14日間の健康モニタリング

 ・医療保険への加入

 ・出発前72時間以内のPCR検査と
  陰性証明の取得

 ・lineアプリ、厚労省アプリの
  スマホへのインストール

 ・到着後14日間の位置情報モニタリング・保存

 ・到着後、指定の移動手段の利用
 (公共交通機関は利用できない)

 ・到着後、滞在会食などは個室を利用
  不特定多数とは接触禁止

 ・活動計画書で定めた場所以外の訪問禁止、等

以上、下記の外務省のサイトと
誓約書の内容からまとめました。

 「国際的な人の往来再開に向けた
  段階的措置について(外務省)

  (外務省のHPにジャンプします)

一昨日の日経新聞にも取り上げられて
いましたが、こうした出入国の緩和は
今後、シンガポール・韓国以外にも
拡大されるようになるのでしょう。
個人的には不安を覚えますが・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です