恒例アジアの旧正月

アーキ・ヴォイスの
コーディネーターです。
今日から2月に入りました。
2019年がすでに1ヵ月終わったかと
思うとあまりの早さにびっくりします。

さて、この時期になると
毎年ご案内していますが、
今年も旧正月の
時期がやってきました。

この間、大型連休の為、
韓国人、中国人の方がたくさん
日本に旅行でやってくると予想されます。
インバウンド関連が盛り上がりますね。
逆に、弊社だと、母国に帰る社員や
講師が数名でています。

改めて、
2019年の旧正月をご案内します。

今回は来週の火曜日、
2月5日がアジア各地の
旧正月になります。

・中国は「春節(チュンジエ)」で
 4日(月)~10日(日)がお休み(7連休)。

・韓国は「ソルラル」で
 2日(土)~6日(水)がお休み(5連休)。

・ベトナムは「テト」で
 2日(土)~10日(日)がお休み(9連休)。

今年はめずらしく各国で
足並みがそろわない
スケジュールとなっています。

特に、ベトナムは9連休。
本来、労働法でテト休暇は
5連休と定められているのですが、
今年は2回の週末が加わり、
最大の9連休となりました。

なお、旧正月ですが
今年は2月5日になっていますが、
いわゆる太陰暦に基づくため、
1月下旬から2月中旬ぐらいの間で、
毎年微妙に日にちが違います。
来年2020年は、1月25日ですし、
再来年は2月12日のようです。

追記

ベトナムの旧正月、テトは
漢字だと「節」となります。
そんなわけで弊社のベトナム語の
サイトを紹介させてください。
ここ7~8年で、ご依頼いただく
翻訳の分量が約10倍に増えました。。。
https://www.translate.co.jp/lang/vie/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です