弊社の派遣者で最高齢の方は

アーキ・ヴォイスの
コーディネーターです。

弊社は人材派遣も行っていますが、
ご登録いただいている方々を考えると、
最近の傾向として、高齢者の登録が
増えているように思います。

昨日の日経に出ていましたが、
日本政府は在職老齢年金制度を
見直す方針とのこと。
安倍首相いわく、

「65歳以上を一律で高齢者とみるのは
 もはや現実的でない」。

 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30850500T20C18A5MM8000/?n_cid=NMAIL006
(『日経』のサイトにジャンプします)

弊社にご登録いただいている
外国語ができる人材の中には、
商社で海外駐在を経験され、
定年退職後、フルタイム勤務ではなく、
週2~3日で社会貢献をしたい、
という方がいらっしゃいます。

こうした方々は、
コミュニケーション能力が高く、
20代よりもパワフルだったりして、
お客様からも喜ばれます。

ちなみに、今年3月末時点、
弊社から派遣しているスタッフだと、
最高齢の方は81歳でした。
(70代の方も3名いらっしゃいました)

81歳の方は5年前、
当時76歳のときから
弊社のクライアント先に
勤務いただいていたのですが、
本当にお元気な方で、
いつまでも学ぶ姿勢を
持たれています。

人生100年時代。

人口動態の変化を考え、
(また、派遣会社としては
 無期転換ルールもあるため)、
先月、弊社は就業規則を改訂し、
定年を6段階設定にしました。
60歳、65歳、70歳、75歳、
80歳、85歳まで。

就業規則の変更を行っている際、
ふと、学生時代に読んだ
深沢七郎の小説『楢山節考』を
思い出しました。

これは姥捨て伝説を扱ったもので、
内容を忘れてしまっていたので
ネットで調べてみると、
45歳の息子が、70歳を目前にした
老母を、真冬の楢山に捨てに行く、
というお話でした。

(なんでそんなに渋い話を
 若い頃に読んだのか謎ですが。。。)

今や、70歳でもバイタリティに
あふれる方々がいて、お仕事を
お願いしていることを考えると、
隔世の感があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です