どんな専門性が必要か確認していますか?

こんにちは。
アーキ・ヴォイス翻訳コーディネーターのオーです。

今回もスタッフ間での事例共有会にて、
お客様から寄せられる質問や要望に関し、
上長が共有した内容をお伝えしたいと思います。

お役に立てば、幸いです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■■どんな専門性が必要か確認していますか?■■

最近求められている派遣人材のスキルを確認してみると
非常に高い専門性を求められていることがわかります。

たとえば

■タイ語ネイティブで日本の広告コピーを精確に
理解し、精確に翻訳できる人材

■香港出身で30代前半の営業マネジメント経験者

■インドネシア語ネイティブで生産ラインの管理責任を
担当した経験のある人材

こういった人材は希少性があるため、
ひとたび見つかれば争奪戦が始まります。

つまり、専門性の高い人材は常に不足しているというのは、
まさにその通りというわけです。

しかしこのような状況の中でも、
採用をうまくやっていらっしゃるお客様がいることも事実。

そういったお客様の場合、

候補となる人材を集めることに
時間もお金も惜しまないという、
基本的な姿勢を持たれていることはもちろん、

人材のスキルや人間性に関して
優先順位をつけている感があります。

すなわち、

「このスキルは必ず必要だけれども、もう一つのスキルは
6ヶ月で鍛えることが可能だから、妥協点はここかな」

という判断基準を持たれている、ということです。

これは人材を提案する私たちにも非常に参考になる話で、

なぜならお客様が、提出された書類を見ただけで、
必要な人材かどうかを判断できるようなフォームで
書類を作成すればいいからです。

その為には、お客様に求める人材のスキルはもちろん、
最低限譲れないポイントをうかがっておくこと。

そして、常日頃のコミュニケーションがあってこそ、
これはできる提案であること。

これらを意識して、良い人材をお客様に
提案できるようにしましょう。

(以上、ミーティング内容より)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人材派遣や紹介のお問い合わせをいただく時、
確かに年々求められるスキルが上がってきている感がありました。

常に人材が不足しているということに気がつくと、
確かにお客様に優先順位を決めて貰う必要が生じます。

その際、お客様の求めるスキルを代弁できるくらい、
コミュニケーションをとっておくと、
お客様にとって仕事をスムーズに進むだろうな、
と思いました。

一層、コミュニケーションに努力したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です