機密保持

翻訳会社アーキ・ヴォイスの機密保持について。体制及びシステムを整え、お客様の機密情報の取扱には細心の注意を払います。

機密情報の定義

機密情報とは、御客様からの業務委託における準備段階、及び業務委託後に知り得た御客様のあらゆる情報を意味します。

機密情報の取り扱い

当社は、御客様より御提供を受けたあらゆる情報、および受託業務を遂行するに際し知りえた御客様の経営内容等業務に関連する一切の情報は、契約期間および契約終了後も、法律や法的拘束力のある命令等による場合を除き、第三者に開示、漏洩、販売することはありません。

ただし、以下の場合はその限りではありません。
(1) 公知の情報
(2) 御客様から開示を受けた後、当社の責によらず公知となった情報
(3) 情報の開示について、お客様の了承を書面にて得た場合

知的財産権

当社は、御客様の製作した印刷物等の著作物を、御客様の明示の承諾なしに利用または複製しません。

機密情報の返還

御客様からご提供いただいた情報について、御客様から返還のご要求があった場合、迅速に対応するとともに、御客様の事前の承認を得て作成した複製物を廃棄いたします。

機密保持契約書

御客様から翻訳及び通訳をご発注いただく際には、正式な機密保持契約をお願いしております。当社の機密保持契約書もございますので、お申し付けください。


株式会社アーキ・ヴォイス
2005年4月1日
株式会社アーキ・ヴォイス